ABOUT

あるくん商会ストアでは『あるくんのバランスボード』を購入していただけます。 弊社代表である私は、お医者さまがお手上げだった重度の側弯症の娘を自分で治そうとして、人間の骨格や筋肉を物理的に見ることでそれを可能にしました。 専門的な知識のない私が考える体操法は、骨格と筋肉をただの物体として考えることで生まれました。 骨格はテントの骨組み、筋肉はテントの幕やロープです。 重度の側弯症の娘のためにできる体操法として、歪んで倒れかけたテントを治すためにできることは何かを考えたのです。 〈テントが歪む理由 は 体の歪む理由〉  テントが歪んで斜めになっている理由は、骨組みが正しくできてないからか、幕・ロープで同じ力で引き合えていないからです。 体を歪めてしまう理由は筋肉が同じ力で引き合えてないからです。 そして筋肉が無ければ、重力に従って動く関節や軟骨部分の軟弱化で骨格はいくらでも変形してしまいます。  一カ所かばう所があるとその癖は、体の各ポイントに支障を広げてしまいます。  高齢者によくみられる前後に折れ曲がるのと、娘が経験した左右に折れ曲がる側弯症は、別のものとされていますが体を物体と考えると理論的には同じです。  高齢者の方は、腰痛等から一カ所をかばって暮らすうちに足首や肩の動きにも制限を広げてしまい、固まっていきます。そこに、転倒によるケガや病気で、筋力低下を起こすと更にこの歪みが大きく深く折れ曲がってしまいます。 成長期の側弯症については、身長が伸びるのに対応できる筋肉がない場合に同じことが考えられます。 娘の場合、もともとの筋肉量が少ないのと成長期と手術入院で起きた筋力低下が重なってしまいました。 筋力低下のタイミングが重なり、それまでは目立ってなかった、歪みが大きく進行してしまいました。 この歪みが進行すると、運動しても軸が作れず運動の効果を得にくくなります。 少しでも、歪みをなくす努力、歩くときの癖をそのままにせず、対称に筋肉を育てることが、健康で運動できる体を保つことだと考えます。 ”あるくんのバランスボード”は、前後と左右の運動で、足の筋肉を対称に鍛えバランス対応力を育てます。  筋肉を付けることは、時間(期間)のかかることですが、筋肉の柔軟性と筋トレを短時間で意識して続けることで可能になります。 体を対称に鍛えることを意識して頑張った娘は、一時の疲れやすく笑顔の少なかった時が嘘のように良くなりました。 まだ、側弯症の湾曲は残っていますが、間違いなく「重度」は卒業出来ました。